Saipan 離島サイパン、童心に返る週末

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 

サイパンと聞いてイメージすることは、人によってだいぶ違うかもしれない。ある人にとっては懐かしさを覚える南国リゾートだったり、ある人にとってはどこまでも美しいビーチであったり。歴史の舞台にもなってきたこの島の魅力は何か。それは、リゾートとして“ちょうどいい”施設やアクティビティの充実、つまり人の手の入り具合が絶妙なところではないだろうか。

しっかりしたホテルやスパ、レストランがありリゾート地の充足した時間を過ごすことができるにも関わらず、しかしその一歩先はまるで絶海の孤島に来たかのような素朴な自然。マリアナブルーとも称されるクリアな海と、目の覚めるようなまっ白な砂浜ビーチが続き、内陸には手付かずのジャングルが残る。しかも北から南まで、島内に車を走らせても1時間ほど。海、山、自然を満喫する舞台にはうってつけだ。

また、日本とほとんど時差がなく(1時間)、フライト時間もわずか3時間半と、身体への負担が少ないことも魅力だ。平均気温27度の過ごしやすい気候が、かつて幼い頃の夏休みを彷彿とさせてくれるだろう。

大自然が待ち受ける“離島”サイパンには、忘れかけていた冒険心を呼び覚ましてくれるステージがいくつもある。ちなみに12月頃から6月頃は乾季のベストシーズン。サイパンならでは、スポーツイベントも目白押しだ。さあ、この週末は、アクティブで冒険的な、童心に返ってみよう。


煌めくブルーの海を見た瞬間、誰もがこの島を訪れたことの歓びを感じるだろう。繁華街のガラパン北部から船で5分ほど、美しいサンゴ礁の真ん中に浮かぶのはマニャガハ島だ。一周歩いても15分程度のこじんまりした島だが、レストランなども備わり、各種マリンスポーツが愉しめる。1日中のんびり過ごしたくなる島だ。
photo_Junji Takasago / MVA

text_sky
Special Thanks_マリアナ政府観光局/MVA
japan.mymarianas.com

Access

北マリアナ諸島の玄関口、サイパン国際空港(SPN)までのアクセスは、成田国際空港(NRT)から直行便で約3時間半。

海、緑、空。手つかずの大自然を巡る

サイパンの魅⼒は海だけではない。絶景の癒しと遊びの快感を求めて、⼿つかずの⼤⾃然を縦横無尽に満喫しよう。

南の島といえば海。そんなイメージをもつだろうが、開発されることのない自然が残るここサイパンでは、緑のなかを駆け巡るアクティビティもおすすめだ。なにしろ外の気候は常夏。緑の自然をかいくぐって進めば、その先は童心に返る愉しい時間が待っている。サイパンの海岸線から内陸部に少し入ると、そこはうっそうと原生林が生い茂るジャングルがある。つまり、海と緑が隣接して、双方を愉しむことができる自然の宝庫なのだ。

サイパン南東部のカグマン岬に、政府によって自然保護されているサンクチュアリ、「禁断の島(Forbidden Island)」と呼ばれる景勝地がある。岬の先端に断崖絶壁の島があり、干潮時には地続きとなっている(保護エリアのため上陸はできない)。岬から禁断の島に近づくためには、岬に広がるジャングルを進み、崖を降りて行く必要がある。この間、およそ30分のトレッキングツアー。ルートにはロープを使って降りるような険しい箇所もあるので、ガイドが案内してくれるツアーに参加していただきたい。崖を降りた先の岩場や洞窟には海水が入り込む天然のプールがあり、シュノーケルを愉しむこともできる。まさに、緑から海へ、そして広がる空を網羅できる一石三鳥のツアーだ。

もっと手軽にジャングルを満喫できるアクティビティもある。オフロード車で未開の道をワイルドに駆け抜けるアドベンチャーはいかがだろう。前述の「禁断の島」へのトレッキングツアーを始め、数々のアクティビティを企画・運営するマリアナス トレッキングでは、サイパン北部のジャングルから海辺へと、文字通り島の自然のなかをバギーで疾走するオフロードアドベンチャーを愉しめる。草木に覆われた道なき道を、凹凸も泥跳ねも何のその、力強く突き進んでいくさまはさすがオフロードバギー。特に難しい操作は必要ないので、童心に返ったつもりで、思い切りジャングルを走り抜けよう。


険しい下り坂を降りていく途中に壮大な景色が広がる。岬の先端にある台形のような島が「禁断の島」だ。山の植物にも親しみながらトレッキングをして、海から吹き抜ける風を感じてみたい。
photo_Junji Takasago / MVA


禁断の島周辺は海洋保護区となっていることから、海は格別の美しさ。天候や波の条件がよければ、トロピカルフィッシュも泳ぐ岩場の天然プールを満喫することができる。
photo_Junji Takasago / MVA

Marianas Trekking

海へも森へも、多種多様なアクティビティが揃う
マリアナリゾート&スパに隣接し、シュノーケリングやシーカヤック、トレッキングやマウンテンバイクなどさまざまなツアーを主催。複数のアクティビティを組み合わせられるので、サイパンの自然をどこまでも満喫できる。
Chalan Pale Arnold,Marpi, Saipan
Tel: +1-670-322-0770
marianastrekking.com

夜風に吹かれながら満天の星空を望む

サイパンは知る⼈ぞ知る、星空観察が愉しめる名スポット。⼼地よい⾵に吹かれながら、空一面に広がる星を眺める、サイパンの癒しのひと時を。

サイパンと聞いて夜空を思い浮かべる人は少ないだろう。しかしそこは“離島”サイパン。ここでの星空観察は、サイパンのリゾートとしての“ちょうどよさ”が、実は最も顕著に現れるアクティビティかもしれない。有名リゾート地のなかには、ビーチ沿いに高層ホテルが立ち並び、繁華街にも遅くまで光が灯るような所も少なくない。サイパンでは、ホテルが多く集まるガラパンでもそれほど高層ビルが林立することもなく、そこから2、30分も車を走らせれば、やがて道は舗装こそされているものの、対向車もたまにしかすれ違わず信号もない素朴な田舎道へと変わり、ついには街灯もなくなっていく。するとどうだろう、都会の明かりに慣れた目が暗闇を見つめるにつれ、そこには星屑が一つ一つ、瞬き始める。車を降り、頭上の空を仰ぎ見ると、満点の星空が文字通り一面を覆っていることに気付く。そう、まるで降ってくるような星空は、本当はいつもそこにあり、人の営みによる光が、自然の輝きを遮っていたことがわかるのだ。

それは発展に伴った、便利さの代償でもある。リゾートとして開発が進みながらも、手つかずの自然が多く残るという、稀有な環境を誇るサイパンならでは、星空観察はまさにおすすめのアクティビティだ。日本で星空観察というと、澄んだ空の下、冬の寒さに耐え兼ねながら行うことも多い。それが南国ではどうだろう。夜風がなんとも気持ち良い深夜、いつまでも星を眺めていられる気候が本当に嬉しい。雲が多い日でも風の流れがあるため止まることなく、すぐクリアな星空に戻る。街灯がなくなり暗さに不安を覚えたのも束の間、あたりは星空の光でむしろ明るくさえ感じる。暖かな風を感じながら、ヤシの木の向こうには、星屑を散りばめキラキラと輝く夜空。遠く宇宙へと思いを馳せて、星空サイパン、今宵も愉しく夜が更けていく。


日本では見づらい南十字星をはじめ、地平線近くの星や、明るさが低い星など、その環境の良さゆえに次々と目の前に広がっていく。時折、流れ星がスーッと横切り、観察者から歓声が漏れる。まるでプラネタリウムのようにさえ思える、「本物」の夜空。
photo_Shinichiro Oroku


本格天体観測ツアーを開催するStar Gazing Saipanの田口裕史さん。本格天体望遠鏡や双眼鏡を駆使しながら、その日の見どころの天体に合わせてガイドしてくれる。


忘れつつある小学校の理科の授業も受けられる。童心に返ったつもりで、みっちり星空についての講義を受けてみては。

Star Gazing Saipan

サイパン発、銀河旅行への誘い
サイパンを知り尽くした、在住専任ガイドによる天体観測ツアー「銀河旅行の夕べ」を開催。レーザーポインターやPCなども用いて、星座や惑星をわかりやすく説明してくれる。スキューバダイビングやシュノーケルポイントとしても名高いグロットを中心に、季節や要望にもより、理想的な観測スポットでガイドツアーを実施している。
Chalan Pale Arnold,Marpi, Saipan
Tel: +1-670-285-0700
hoshizora-saipan.com

美しきブルーに身を染める

心躍るダイビングスポットがあるから、人はサイパンを目指す。
体験ダイビングでも自然の宝庫に出逢える。

サイパンを訪れる観光客の多くはリピーターといわれる。世界的にも著名なダイビングスポットにアクセスしやすく、頻繁に訪れるダイバーが多いのも頷ける。特にダイビングにおいては、時差も1時間しかなく移動にも疲れにくいサイパンの地は、理想的なスポットといえるだろう。そんな環境を活かして、リピーターのみならず、サイパンでは体験ダイビングやライセンス取得など、様々なダイビングに関するアクティビティが充実している。旅のついでに最高の環境で、かつリーズナブルに体験ダイビングができるのも、サイパンの魅力だ。


ダイバーの間で“アジ玉”“アジ壁”と呼ばれる幅・高さ10数メートルから2、30メートルにも及ぶアジの群れ。ラウラウビーチでは、体験ダイバーが行ける深さでも、“アジ玉”やウミガメとの遭遇率も高い。
photo_マリアナ政府観光局/MVA


ラウラウビーチは人気のダイビングスポットの一つ。ビーチエントリーのため、重い器材とともに昇り降りしなくてもすむ。年間を通して水温も高く、屈指の透明度、多彩な顔を持つサイパンの海に触れることができる。
photo_Junji Takasago/MVA

MSC Saipan

リピーターも多い、老舗ダイビングショップ
1972年設立のダイビングショップ。サイパンの海を知り尽くしたベテランガイドが、安全にサイパンの海の魅力をガイドしてくれる。体験ダイビングとグロットでのシュノーケルを組み合わせた貸切コースなども。経験に応じて多様なダイビングスポットに行くことができるのもサイパンの魅力だ。
POB 501142 Saipan
Tel: +1-670-233-0670
mscsaipan.com

大自然を感じるゴルフに心が躍る

ショット前、目の前に広がる景色に息を飲む。
ここだけのコースを思い切り味わおう。

童心から落ち着いて、大人のアクティビティの定番といえばゴルフ。しかしサイパンでは、ゴルフさえも冒険心をくすぐる愉しさだ。サイパンには5つのゴルフコースがあるが、いずれも海岸や山の地形を巧みに利用し、評価が高い。コースの面白さと絶景に、思わず心躍るに違いない。「ラオラベイ ゴルフ&リゾート」は、かのグレッグ・ノーマンが設計したミクロネシア最大のゴルフコースを持つ。タポチョ山からラウラウ湾へ広がる、サイパンならではの地形を活かしたスリリングかつチャレンジングなプレイを満喫できる。ホテルも隣接し、ファミリーやグループでの滞在もお勧めだ。


全36ホールを擁するゴルフコース。断崖寄りのEASTコースでは、2つの海越えホールを含む世界的にも珍しい4連続海越えコースが設定されるなど、ダイナミックさが魅力だ。


断崖にレイアウトされたEASTコースと、山側で池やバンカーなどに工夫が凝らしてあるWESTコースからなる。“動”のEASTか、”静”のWESTか、趣は異なるがどちらも戦略性の高いプレイが愉しめる。

LaoLao Bay Golf & Resort 

ゴルフを満喫できる絶景リゾート
サイパン東部のラオラオ湾に面した人気のゴルフリゾート。敷地内にはオーシャンビューのホテルやプール、レストランやカフェも揃っていて、ゴルファーだけでなくファミリー層からも人気だ。ラオラオ湾の切り立った崖、その向こうにはコバルトブルーに輝く海、駆け抜ける風が心地いい、サイパンの自然を感じられる贅沢なリゾートだ。
PMB1020 Saipan
Tel: +1-670-236-8888
Tel: 0120-45-7723(東京案内所)
laolaobay.jp/

訪れておきたいサイパン最旬スポット

ニューオープンを中心に、サイパンで人気のスポット&アクティビティをご紹介。

Imperial Palace Saipan [インペリアルパレスサイパン]

カジノに加え24時間レストランがオープン
ガラパン中心街に、カジノや五つ星ホテル、レストランなどからなるインペリアルパレスがオープン予定だ。カジノ施設が先行開業し、300のカジノテーブル、400台のスロットマシンを展開。さらに隣接の高級中華レストラン「Chairman M」がオープンし、注目を集めている。レストランはなんと24時間営業で(深夜帯はメニューが変わる)、本格中華が味わえる。豪華絢爛の施設内には、ロビーとカジノ内にバーがあり、レストランも今後増えていく予定。ホテルリゾート完成の際には有名レストランや300室を超える客室が整い、ガラパンの街を盛り上げるだろう。

Rte 319, Garapan, Saipan
Tel: +1-670-328-8888
imperialpacificsaipan.com/en/

 

Kensington Hotel Saipan [ケンジントンホテルサイパン]

最新ホテルのダイニングビュッフェ体験
サイパン北部の元ホテル・ニッコーサイパンがリニューアルしたリゾートホテル「ケンジントンホテルサイパン」。オールインクルーシブタイプのため、施設内は宿泊者オンリーの利用が多いが、中華レストラン「East Moon」では、昼食ビュッフェで、海を一望しながら本格中華が味わえる。サイパンでも評価の高い点心や一品料理が並び、食べ応え充分。モダンかつシックにデザインされたインテリアで、明るい日差しを感じながら優雅に過ごすランチもいいだろう。リゾートらしい南国のデザート、フルーツも充実。

POB 5152 CHRB, Saipan
Tel: +1-670-322-3311
kensingtonsaipan.com/jp/

 

Zori Zori [ゾリゾリ]

お土産は最旬のセレクトショップで
空港やガラパンからラウラウベイに向かう途中、サン・ビセンテ地区に新しくオープンしたショップ「ZORI ZORI」。サングラス、アクセサリー、帽子やTシャツ、ビーチサンダルなどを販売するセレクトショップだ。サイパンでは貴重なショップの誕生で、CNMI(サイパンが属する北マリアナ諸島)ロゴのキャップやTシャツ、オシャレなインテリアボードなど、気の利いたお土産探しができそう。

Isa Dr, San Vicente, Saipan
Tel: +1-670-234-9674

Fiesta Resort & Spa Saipan [フィエスタ・リゾート・アンド・スパ・サイパン]

白砂のビーチを目の前に早朝ヨガ
ガラパンの中心、メインストリート、パセオ・デ・マリアナに面したホテル「フィエスタ・リゾート・アンド・スパ・サイパン」。目の前には白砂で有名なマイクロビーチが広がり、絶好のロケーションだ。ディナーショーも行われる海を望むステージでは、月・水・金に朝ヨガが開催されている。宿泊者以外でも参加できるので事前にホテルのアクティビティデスクで受付を。

Coral Tree Ave, Garapan, Saipan
Tel: +1-670-234-6412
fiestasaipan.com/

Sky Dive Saipan [スカイダイブサイパン]

サイパンの絶景を空からダイブ
一度は空を飛んでみたい。天候も比較的安定し、景色も美しいサイパンでのスカイダイビングはぜひ経験したいアクティビティだ。専用の服や靴などがすべてレンタルできて便利。マリアナブルーの真っ青な海とラグーンのエメラルドブルー、緑の大地を自分の目に焼きつけて、サイパンを空からも愉しみたい。

Event Calendar – 2018 Saipan –

温暖な気候のため、年間を通して、様々なスポーツが愉しめるサイパン。イベントスケジュールを確認したら、さあ、早速ホリデーの計画を。
【3月10日】 サイパンマラソン
今年で13回目を迎えるベテランから初心者まで参加できる人気のマラソンイベント。申し込みは2月12日まで。
【10月27日】 Ironman 70.3 サイパン
ミクロネシアでは唯一のアイアンマン70.3大会
【10月】 マリアナインターナショナルカップ
サイパンの美しいゴルフコースで行われるアマチュアゴルフ大会
【11月】 ロタブルートライアスロン
“ロタブルー”で有名なロタ島を満喫できるトライアスロン
【12月1日】 ヘルオブマリアナ
ヘル=地獄のように過酷な、起伏に富む100kmのロードレース

※イベントの日程及び開催の有無は、予告なしに変更される可能性があります。
詳しくは、japan.mymarianas.com/event


photo_Junji Takasago / MVA


photo_Junji Takasago / MVA

サイパンをゆったり過ごすための癒しのステイ

コテージスタイルの客室が静かなビーチに⾯する贅沢なホテル。
「アクア リゾート クラブ サイパン」 なら、ここでしか得られない時を過ごすことができるだろう。

冒険に疲れた身体を癒す、あるいは穏やかでのんびりとしたステイに最適なのが、島北部にあるリゾートホテル「アクア リゾート クラブ サイパン」だ。目の前には、多様な姿を見せてくれるがゆえに一日中見ていても飽きることがない美しい海。ホテル内にはレストランやスパも充実し、ここに滞在しているだけでも十分に心休まる南国のひと時を過ごすことができる。北部にあるといっても繁華街ガラパンのDFSには無料バスも行き来しているし、交通にも不便は感じない。むしろ喧騒から離れ、静かなビーチを目の前に、豊かな大自然を感じてゆったりと過ごす。その良さに魅了された人が定宿にすることも多い。


海を望む、広々したスイートルーム。ジャグジーやキッチンもあるので、長期滞在にも嬉しい。スイートルームは、全91客室のうち5部屋のみのため、常に人気。ここを流れるゆったりした時間に身を任せて、特別な休日を。


昨年12月には最新レストラン「Kevin’s The Prime Rib&Seafood」がオープン。エレガントな赤を基調に、ロマンスを表現する内装で大人の雰囲気抜群だ。アンガスビーフの高級プライムリブ(アメリカンスタイルローストビーフ)、 新鮮なシーフード、ワインが味わえる。新店の話題でサイパン中の注目の的だ。

Aqua Resort Club Saipan

ビーチに一番近いリゾートホテル
低層のヴィラが並ぶ高級リゾートの風格が落ち着きを醸し出す。地元の人にも話題のビュッフェや、レストランも人気だ。ビーチに面したサンセットバーベキューで魚介のグリルを満喫するのがおすすめ。
POB 500009, Achugao, Saipan
Tel: +1-670-322-1234
aquaresortclub.premierhotel-group.com/saipan/