アルファロメオ初の本格SUV 400台限定特別仕様車も登場!

イタリア車らしい美しく華麗なデザインに、クオリティの向上でブランドの魅力が高まるアルフォロメオ。ハイパフォーマンスセダン「ジュリア」に続き、ブランド初の本格SUV「Stelvio(ステルヴィオ)」が日本でも本格導入された。車名は、48のヘアピンがある北イタリアのワインディングロード、ステルヴィオ峠に由来。歴史ある自転車レース、ジロ・デ・イタリアにも度々登場する有名な峠だ。

SUVでありながら、まさに”峠越え“にふさわしい優れたハンドリング性能と操縦安定性は、2016年にドイツ・ニュルブルクリンク北コースで世界最速の量産4ドアセダンの座に輝いた、「ジュリア」の最新鋭アーキテクチャーを受け継いでいるからこそ。ドライブトレーンには、あらゆる路面で抜群の安定性を発揮するアルファロメオ独自の4輪駆動システム「Alfa Romeo Q4」を採用。走行状況に応じて前輪軸に50%、後輪軸に100%を上限に迅速なトルク伝達を行う可変トルク配分機構により、ドライバーの思い通りのラインをトレースする正確なハンドリング特性を実現している。

最高出力280㎰、最大トルク400Nmの2ℓ直列4気筒ツインスクロールターボエンジンに、8速オートマチックトランスミッションを搭載。車体の軽量設計とあいまって0-100㎞/hタイムは5.7秒(*欧州参考値)という、同クラスのSUVとしては類い稀な加速性能を誇る。

導入に際して、400台限定の特別仕様車「Stelvio First Edition(ファースト・エディション)」も発表。20インチの5ツインスポークアロイホイールや外装4色、内装4色のカラーバリエーション、レッド仕上げブレーキキャリバー、プレミアムシート、ウッドパネルなどが標準装備されている。

この新世代プレミアムカーを相次いで導入、存在感を増すアルファロメオ。そのSUVとなれば、クルマ選びには嬉しい選択肢の誕生だ。海外ではすでに登場している世界最速SUVの「ステルヴィオ・クアドリフォリオ」など、話題に事欠かないこの「ステルヴィオ」の展開にますます目が離せない。

ステルヴィオ特設サイト
alfaromeo-jp.com/models/stelvio/