“モータウン”デトロイトならでは!自動車のイベントを愉しもう

アメリカらしいクラシックカーやアンティークカーが集う「ドリームクルーズ」。
通り沿いにはイベントブースも登場し、お祭りの賑わい。

米国の自動車メーカーBIG3が拠点をおくミシガン州デトロイト。
現在でも自動車産業の街、“モータウン”としての存在感は健在だが、各メーカーによる消費地での現地生産化など、時代の移り変わりとともに生産拠点としての側面は薄れている。
むしろ近年注目されているのは、栄華を極めた20世紀初頭より蓄積されてきた自動車遺産だ。
フォーミュラカーレースの「インディカー・シリーズ・デトロイト・グランプリ」を皮切りに、この夏から秋にかけて、自動車関連のイベントが相次いで開催。
今年40周年を迎えたクラシックカーの展示イベント「コンクール・デレガンス」が7月末に。
これは各地で行われるコンクールのなかでも全米トップ3に位置するものだ。
8月には、デトロイト中心部からのウッドワードアベニューを名車が走る「ドリームクルーズ」。
9月頭には「オールドカーフェスティバル」がフォード博物館で開催される。
まさに“モータウン”デトロイトの面目躍如、車好きが一堂に会し、その歴史の重みも感じられるシーズンになりそうだ。

Detroit
アクセス:デトロイトへは、成田国際空港、中部国際空港セントレアからデルタ航空の直行便が運航。