北欧家具の“美”を貴方の暮らしの彩りに

北欧家具文化の中心地、デンマークにルーツを持ち、世界の60カ国でビジネスを展開するブランドがボーコンセプトだ。世界中で愛される
デンマークデザインのラグジュアリーな家具を、常に適正な価格で提供するボーコンセプトは、多くのインテリア愛好家から熱い支持を受けている。デザインの美しさはもちろん、日常生活において実用的である、という家具に求められる最上のデザインを追求した製品を提供するボーデザインが、新たにお届けするニュープロダクツをご紹介したい。

美しさに妥協しないデスク、と評される「Cupertino」は、この度ニーズに応え今までよりも大きいサイズと、小さいコンソールタイプの、2つの新しいモデルをラインアップに追加した。大きいサイズの「Cupertino」は、今までとは異なるデスクパネルが開かないデザインを採用。ランプやPCなどを置くのに十分なスペースを確保しているのが特徴だ。一方、小さいサイズの「Cupertino」は、コンソールテーブルとして完璧な設計が与えられており、エントランスホールやラウンジ、そしてベッドルームなど、あらゆる場所で自由にコーディネートできる製品に仕上がっている。

「Cupertino」同様、デンマークの建築家、Rene Hougaardが設計した「Florence」は、どのような用途にも対応できる、完璧なデザインをもつチェアだ。木材とベニアをプレッシャー鋳造して成形。優美なスタイリングと、実用的なチェアとしての性能を両立させることに成功している。長時間座っても疲れない椅子という設計者の意図を、「Florence」に腰掛けることで、貴方にもぜひ体感していただきたい。

 


「Florence」の座面は、黒、白、オーク、クルミ、マスタード、緑色のベニアで変更することが可能だ。クロム、または無煙炭磨きスチールのベース、アルミニウム、黒、白の台ベースを結合させることで、自由自在のコーディネートを楽しむことができるのも魅力。サイズはH83/43½ x W50 x D56cmだ。


写真の「Cupertino」は、サイズがH74½ x W60 x L140cmで価格は¥149,900。幅の広さと奥行きの深さが特徴で、十分な収納能力を備えている。表面は強固なリノリウム素材を用い、安定したデスク上での作業感を提供してくれる。

株式会社ボーコンセプト・ジャパン
www.boconcept.co.jp