Alaska

水上クルーズから愉しむアラスカの自然と街

アメリカ合衆国の、他の全ての州の海岸線を合わせても、アラスカの海岸線の長さには及ばないと言う。氷河に侵食されたフィヨルドの複雑な造形、そこに生きる多様な生物を眺めながら移動する船の旅は、アラスカならでは、人気の旅行手段だ。川や海の水上ルートは地元の生活にも密接に結びつき、まさにアラスカの血流とも言える。狭い海峡をクルーズ船が往来し、漁船が浮かび、水上飛行機が飛び立っていく。

アラスカクルーズの多くはシアトルなどからの発着となっていて、1週間から10日間程度かけてアラスカを巡る。インサイド・パッセージInside Passage(内海航路)は、最も人気のあるクルーズルート。荒い波と数々の島に取り囲まれたアラスカ南東の海岸線を蛇行しながら進んでいく。アラスカ州営フェリーであるアラスカ・マリンハイウェイもおすすめだ。フェリーは頻繁に停泊するので、車で内陸部の観光スポットへと足を延ばすことができる。大自然だけではなく、寄港する魅力的な町々で、アラスカの日常に触れるのも旅の醍醐味だろう。

Alaska
アクセス:デルタ航空の直行便で成田からシアトルへ約9時間。アラスカへはシアトルからの乗り継ぎが便利。シアトルから、クルーズでアラスカへ向かうこともできる。


photo_State of Alaska/Brian Adams
水が身近なお国柄のなか発展したアラスカクルーズは、快適な船内、自然豊かな光景、魅力的な寄港地が、人気の理由でもある。