Palau

フィッシング天国、パラオで最高の釣りを楽しもう

南洋の楽園、パラオは深い海に囲まれる島々からなる国。仮にパラオの周りの海水を抜いてしまうと、島々はまるでヒマラヤの高い山々の頂が立ち並ぶかのような姿になる。つまり、それだけ海が深いということだ。リーフ(岩礁、サンゴ礁)の周りがいきなり深く落ち込むドロップオフが点在、ダイナミックなダイビングポイントを有するエリアとして、パラオはダイバーに不動の人気を誇る。

独特の地形は、ダイビングの他にもパラオを魅力あるものにしている。さまざまな魚が生息するパラオは、実は、いろいろなフィッシングアクティビティが楽しめる場所なのである。誰にでも簡単に出来る手釣りを始めとして、GT(ロウニンアジ)を狙うキャスティング、そして釣り人の憧れ、カジキマグロを狙うゲームフィッシュなど、パラオにはあらゆるアングラーを魅了するフィールドが広がっている。5月にはフィッシングダービーのイベントも開催。パラオの魅力の一つを体験してみてはいかが。

Etpison Cup
ミクロネシアでも最大規模のフィッシングダービー、「エピソンカップ」。今年は5月27日、28日に行われる。
www.palausportsfishing.com
アクセス:パラオへは成田からデルタ航空の直行便で約4時間50分。


どこまでも広がる青い海に向かって、気持ち良くフルキャストできる。年々人気が高まっているフィッシングイベントに参加するのもお勧めだ。