世界の都市の旬の話題

2017-11-01

モータータウンに登場した新しい市電で観光も便利に!

from Detroit

「QLINE」のほかにも、シェアサイクル「MOGO」や、ダウンタウンを走る既存のモノレール「ピープルムーバー」など、デトロイト街歩きのための手段が整いつつある。

「QLINE」のほかにも、シェアサイクル「MOGO」や、ダウンタウンを走る既存のモノレール「ピープルムーバー」など、デトロイト街歩きのための手段が整いつつある。

デトロイトで長年にわたって待ち望まれていた路面電車「QLINE」がこのほど開通。デトロイト川沿いのダウンタウンからウッドワード・アベニューを走り、ミッドタウンを通ってニューセンターエリアまでをつなげている。再開発によってリバーサイドに高層ビルが立ち並ぶGMルネサンスタワーをはじめ、ウッドワード・アベニューには、歴史的建築も魅力のFOXシアターや、MLBデトロイト・タイガースの本拠地であるコメリカパーク、デトロイト美術館などがあり、公共交通機関でのデトロイト観光が便利になった。

1950年代までは、デトロイトは路面電車が賑やかに走る都市だったが、自動車メーカーのお膝元であるモータータウンらしく、モータリゼーションによって街から路面電車は撤去。近年、公共交通機関の不足が課題となっていた。そんななか、この路面電車の開通は、新生デトロイトのひとつの象徴ともいえる。観光手段が整うことで、自動車産業による成長の証でもある美術館や博物館の充実、おしゃれなカフェやレストランなど昨今のグルメ文化の発展など、デトロイトの魅力が身近になりそうだ。

QLINE DETROIT
運行情報などは公式サイトでチェック。
お得な一日券などもあるので、上手に使いたい。
https://qlinedetroit.com/

いま注目のエリア、シアトル南東部を愉しもう

from Seattle

レントン市の新開発エリア、サウスポイントには「ハイアット リージェンシー レイク・ワシントン」がオープン。ワシントン湖岸にあって、オリンピック山脈やシアトルの高層ビル、写真のような湖岸の美しい景色が見渡せる。

レントン市の新開発エリア、サウスポイントには「ハイアット リージェンシー レイク・ワシントン」がオープン。ワシントン湖岸にあって、オリンピック山脈やシアトルの高層ビル、写真のような湖岸の美しい景色が見渡せる。

シアトル/タコマ国際空港から車で10分ほど、ワシントン湖南東部のレントン市を中心とするエリアには、近年、ビジネスや観光を目的に、多くの人が訪れる。湖の美しい景色はもちろん、レーニア山やオリンピック山脈を望み、大規模なショッピングモールなども揃う地の利が人気の理由だ。夏には湖やビーチパークでボートなどの水遊びやテニス、ハイキング、キャンプ、冬には周辺の山々でスキーやスノーボードなど、遊歩道やサイクリングコース、つり場などの施設も充実し、年間を通してレジャーを愉しめる。

ほかにも、周辺には観光名所が点在。シアトル市街と空港を結ぶハイウェイ沿いの航空博物館では、さまざまな時代の飛行機やスペースシャトルを展示。また、シアトルダウンタウンにもゆかりの場所が多いシアトル出身の世界的ギタリスト、ジミ・ヘンドリックスのお墓は、レントンのグリーンウッド・メモリアルパークにある。シアトル市街にも近いので、湖の自然のなかでゆったりと過ごしながら、街も愉しみたいという向きにおすすめのデスティネーションだ。

Seattle
シアトルへは成田国際空港からデルタ航空の直行便で約9時間。
米国本土の主要都市のなかで最も日本に近い都市だ。