ニューヨークJFK空港がさらに便利に

このたび、ジョン・F・ケネディ国際空港第4ターミナル拡張工事の第二段階が完了し、出発ゲートが増設されました。これにより、JFKと地方を結ぶローカル線の発着の大半を、これまでの第2ターミナルから第4ターミナルに移動し、乗り換えがよりスムーズになります。

第4ターミナル拡張プロジェクト第2フェーズの概要は以下のとおりです。

· 7万5, 000平方フィート拡張し、11の搭乗ゲートを追加

· 搭乗ゲートにボーディング・ブリッジ(搭乗橋)を完備

· 搭乗口からラウンジ「デルタ スカイクラブ」へのスムーズなアクセス

· 第4ターミナルと第2ターミナルをつなぐ小型バスの発着所を、新搭乗ゲート近くに追加
- 既存の第2ターミナルC60番ゲート近く、第4ターミナルB18番ゲート近くに加え、
延長されたコンコースBの先端近くに発着所を設置

· 第2ターミナルの混雑が緩和され、同ターミナル発着の全デルタ・コネクション便にて、温度/湿度の調節機能を備えたボーディング・ブリッジ(搭乗橋)を利用

· 第2ターミナルの「デルタ スカイクラブ」をリニューアルし、iPadステーション、シェフ監修の食事・ドリンク、
コーヒーショップ、コンシェルジェサービスを提供

· 2015年第2四半期に第2ターミナルのバス発着所をリニューアルし、エスカレーターとエレベータを設置予定

ニューヨークJFK空港第4ターミナル拡張工事完了でさらに便利に