成田テクニカルオペレーションセンターをオープン

デルタ航空はこのたび、成田国際空港整備地区に位置する広さ1万3,000平方メートルの整備用ハンガー(格納庫)に、「成田テクニカルオペレーションセンター」をオープンしました。米国の航空会社で成田空港にハンガー施設を保有するのは、デルタ航空が初めてとなります。

「成田テクニカルオペレーションセンター」には、太平洋路線で使用している機材(ボーイング747-400型機、777型機、767型機、757型機、エアバス330型機など)の定期整備作業を行うのに充分なスペースがあります。また、そのスペースを有効活用するため、太平洋路線の運航支援を行う「成田コントロールセンター」を含め、これまで空港内の複数の建物に分散していたオフィスの一部を移転し、本日業務を開始しました。

成田空港での運航支援および整備能力をさらに高め、安全運航に努めてまいります。

オープン記念式典のもよう