ビジネスクラスなどのブランド名を刷新

3月1日より、ビジネスクラス等に新たなブランド名を導入します。

長距離国際線および米国大陸横断路線のビジネスクラスは、従来のビジネスエリートから「Delta One™(デルタ・ワン)」に変更し、エコノミークラスよりも足もとが広くリクライニング角度が深い従来のエコノミーコンフォートは「Delta Comfort+™(デルタ・コンフォートプラス)」に、エコノミークラスは「メインキャビン」に名称を変更します。米国内線(大陸横断路線を除く)の上位クラスは「ファーストクラス」とし、米国内線の一部路線では「ベーシックエコノミー」運賃を設けます。

デルタ・ワン、ファーストクラス、デルタ・コンフォートプラスではプレミアムサービスを提供し、メインキャビンおよびベーシックエコノミーは、デルタ航空の高いサービス基準を満たしつつ、経済性の高い選択肢を提供します。

デルタ・ワンとデルタ・コンフォートプラス、米国内線のファーストクラスには、2015年中旬にかけて、新デザインのシートカバーを導入します。各プロダクトの新ブランドについての詳細は、デルタ航空ウェブサイトdelta.com/firstlookでご覧いただけます。

デルタ・ワン
従来の「ビジネスエリート」。長距離国際線およびニューヨーク-ロサンゼルス線、
ニューヨーク-サンフランシスコ線で提供。

ファーストクラス
米国内線および一部の短距離国際線で提供。

デルタ・コンフォートプラス
一部の小型機を除く全ての2クラス制機材で提供されるアップグレードサービス。

メインキャビン
全フライトにて提供。

ベーシックエコノミー
座席とサービスはメインキャビンと同様。座席指定や払い戻しの条件に制限を設けることにより低運賃を実現。一部の米国内線のみで提供。