長距離国際線のエコノミークラスにスリープキットを導入

デルタ航空ではこの4月から、長距離国際線のエコノミークラスで「スリープキット」の配布をはじめました。

対象路線は、日本発着の米国本土路線、ハワイ路線、シンガポールおよびバンコク路線のほか、韓国、中国、オーストラリアと米国本土を結ぶ路線、大西洋路線などです。

スリープキットには、アイマスクと耳栓が入っており、機内での睡眠をサポートします。

また、お食事の後には水のペットボトルを配布します。これまではカップにミネラルウォーターを注いでお持ちしておりましたが、飛行時間が12時間以上の超長距離路線では、昨年末よりペットボトルの水を提供し、好評です。今年の夏までに他の長距離路線でも提供を開始します。