伝統と革新が織りなす街。シアトル

雄大な自然が広がり数多くの世界的企業が集まるシアトル。
古きものと新しきもの、都市と自然が混然一体となったこの街では変化や多様性に富み、いつも新しい何かが起きている。
ここではそんなシアトルが発信する旬のシーンを紹介したい。

近頃、米国の話題となるとワシントン州やシアトルの名がよく挙がる。食やお酒に関する話が多いのだが、その筆頭がワイン。元来、ワシントン州が仏・ボルドーとほぼ同じの北緯45度から47度に位置していることやミネラル豊富な土地を擁していることなど、地理的・気候的な条件からブドウ栽培地として優れていることに加え、ノウハウや技術も大きく発展。いまやセラーやワイナリーの数も850以上とカリフォルニアに迫る勢いなのだ。しかも、小さくともこだわり派の造り手が多く、その優れたワインに世界が注目する。
クラフトビールも名物だ。ホップ生産量は全米一という土地柄だけあってマイクロブリュワリーは180以上とこちらも全米で第二位という数を誇る。市内には専売店やブリュワリーを備えた直営店(=ブルーパブ)が軒を連ね、どれも個性的。その時々にしか味わえないものもあり、ビール好きにはたまらない街となっている。さらにビール同様、州法で製造が認められたことで、ディスティラリー数はなんと全米一の110以上。ウィスキーのほかウオッカなども生産され、楽しめる場所が急増中だ。

ほかにもアメリカを代表するアイアンシェフ、トム・ダグラスをはじめ高品位なショコラティエFRAN S’など、あらゆるシーンが全米で注目され、シアトルをグルメシティへと押し上げている。いずれもクリエイティビティに溢れ、質にこだわっているものばかりだ。

こうした背景には、経済的な発展や豊かさがあることが否めない。古くはゴールドラッシュ、現代ではボーイング、マイクロソフト、コストコ、スターバックスそしてアマゾンと時代の先端を走る世界的な企業がここで生まれ、ここに集まっている。そうシアトルはマネーも人々も行き交う場所。上質なライフスタイルへの意識や志向も高く、自ずと求められるレベルも高い。投資も盛んで、志のある者にはチャレンジできる環境や成功を掴む機会があり、良いものを生み出す好循環がある。常に新しい何かがここで起きている。自然の豊かさ近さを含め、NYやLAとは一味も二味も違う、自由で新鮮な空気が街中に溢れている。

穏やかなエリオット湾に面した「パイクプレイスマーケット」。
190以上の商店や飲食店が軒を連ねるシアトルを代表する観光スポットだが、近郊の新鮮な食材が集まり、ローカルにも支持されている市場で食の意識の高さを感じる場所でもある。

Photo_Howard Frisk Photography

Access

成田からシアトル・タコマ空港までのフライト時間は約9時間。
デルタ航空では毎日17:30発の便があり、現地時間の9:55に到着。

 古きにも新しきにも深いこだわりと革新がある

伝統的なブランドもハイテク企業も共存し共鳴しあう刺激的な街

シアトルの魅力は、古きものも新しきものが、一体となりギュッと詰まった、その多様性とコンパクトさにある。
シアトル発祥の場所、パイオニア・スクエア周辺には戦前に西海岸一の高さを誇ったスミス・タワーをはじめ100年以上の時を刻む歴史的建造物が立ち並び、ギャラリーやバー、名物のコーヒーショップが軒を連ねる。そのすぐそばにはマリナーズの本拠地セーフコ・フィールドやアメフトチーム・シーホークスの拠点センチュリーリンク・フィールドがそびえるといった具合だ。もっと街を俯瞰すると、ショッピングや金融の中心であるダウンタウンに、ウォーターフロントのパイクプレイスマーケット、コアなカルチャーが息づくキャピトル・ヒルそしてアマゾンが進出し、景観が美しく整えられたサウス・レイクユニオンなど、景観や雰囲気の違うエリアが連続し、実に多様な顔を見せる。どのエリアにもカフェをはじめヒップなグルメスポットやショッピングスポットがあり、きっとお気に入りの場所が見つかるはず。しかも、バスやモノレール、ライトリンクレールなどが縦横無尽に走り、アクセスもいい。カフェや心地よい公園も多いから、ぶらりと散策しながらこの刺激的な街を楽しみたい。

Starbucks Reserve Roastery & Tasting Room

シアトルのコーヒー新聖地
焙煎工場を備えたスタバの旗艦店

個性豊かで希少な品種を使ったコーヒー豆「スターバックス リザーブ®」の焙煎を担う巨大な焙煎機が店内で稼働する、スターバックスの旗艦店。
ハンドドリップやクローバーなど8つの多様な抽出でコーヒーが楽しめるカフェをはじめ、アート性にも富んだショップ、図書館、ラウンジスペースなどがある。その構成や品揃えは圧巻。必見のスポットだ。

1124 Pike St, Seattle, WA
www.starbucksreserve.com

Photo_Starbucks

Fran’s Chocolates

 

オバマ前大統領も御用達。シアトル発の上質なショコラティエ

フラン・ピゲロー氏が本場フランスに負けないチョコレートを、と立ち上げたシアトルの名物店。おいしさだけでなく美しさにもこだわったチョコは数々の賞に輝く。市内に数店あるが、古い醸造所を改装した本店がおすすめ。

5900 Airport Way South, Seattle, WA
www.franschocolates.com

ゴールドラッシュに沸く1897年創業の老舗アウトドア・ウエアメーカー「FILSON」。
レザーやコットンを使い、末永く愛用できるブランドとして世界的に人気が高い。広大なショールーム内には修理やレストアを担うコーナーもある。

www.filson.com

従業員を4万人近く抱えるアマゾン本社の進出で、街の再開発が進み様相も一変している。
中でも注目が「The Spheres」。
未来のオフィスとして作られた3つのガラスドームからなる建物で、世界中から集めた4万本以上の植物が収容されている。

www.seattlespheres.com

Photo_Rudy Willingham