新旧が交差するアートとカルチャーに溢れた街ニューヨーク・ブルックリン

ストリートアートやカルチャーなど、エネルギッシュなパワーが渦巻く街、ブルックリン。
訪れるたびに新しい発見があり、新たなシーンが生み出されている。
ここではブルックリンの最旬情報をお届けする。

クリエイティブな人々が集まり、常に新しい何かが起こっている、それがブルックリンだ。2000年以降、マンハッタンの家賃高騰などにより、ブルックリンに若い層が移り住み、可処分所得に関係なく、何かを生み出すパワーに溢れた人々がムーブメントを起こしてきた。リュクスな魅力に溢れたマンハッタンに比べ、区画によってさまざまな人種が住み、ウォールアートや路上でのパフォーマンスが行なわれるそんな混沌とした状況にこそパワーがあり、注目を集めてきた。
マンハッタンからイーストリバーを渡って一駅のウィリアムズバーグはヒップなブルックリンの中心地であり、築100年を超える工場を改修したホテルやクラブが人々の社交場となっている。同地区は古き良きブルックリンがモダンに生まれ変わり、常にアンテナを張った感度の高い人々が集まる場となった。個人経営のレストランやブティックも多く点在し、新たなトレンドを予感させる高揚感のある場所でもある。ここ数年では近代的な高層マンションやホテルが建設ラッシュを迎え、かつての工場や倉庫と近代建築のコントラストが見られるのも興味深い。訪れるたびに表情を変える、この街から目が離せない。

ダンボからの象徴的な眺望。イーストリバー越しに煌びやかに輝くマンハッタンの摩天楼が見渡せるのもブルックリンならでは。2017年3月にオープンした「ワン・ホテルブルックリン・ブリッジ」の客室からもこのスペシャルな夜景を見ることができる。

Access

羽田空港からミネアポリスのセント・ポール空港まで約12時間。
そこから乗り継ぎ、約1時間30分でニューヨークのラガーディア空港へ。
同空港からブルックリンへは車で約30分という好アクセス。

個性溢れるブルックリンメイド

アンダーグラウンドな魅力のあるブルックリンのカルチャーはとにかく懐が深い。地元の活力とこだわりに満ちた独自の文化を体感することができる。

ブルックリンのカルチャーといえば、大衆向けというよりアンダーグラウンドでスタイリッシュな印象を受ける。地域に密着しながら、何か面白いことをやろうという意欲を持った人々が個々人で始めた動きが文化として混じり合っている。ブルックリンの代表的なマイクロブリュワリーでもある「ブルックリン・ブリューワリー」は、かつてドイツ移民が多く住んでいたこともあり、禁酒法以前からドイツ製法のビール作りを行なっていたことから誕生したと言われている。ポップなパッケージにクラフト感のある苦みや酸味を持った芳醇なビールはブルックリンの人々に愛され、醸造所は常に活気に溢れている。近年、ニューヨーク近郊のブドウを使い、ブルックリンで醸造するワイナリーも登場している。
生演奏とボウリングが楽しめる「ブルックリン・ボウル」も人々が集う場となっている。ボウリングを楽しみ、お酒片手にバンドの演奏に耳を傾ける。人と人とがつながる場所を上手く作り出しているのもブルックリンの特徴だ。大規模ではなく、コミュニティ性の高い地域だからこそ、面白い人々が集まり新たなムーブメントを起こしている。

SMORGASBURG

青空の下で話題の美食を味わう

毎週土曜日に開催されるフードに特化した人気のフリーマーケット。
アメリカンやメキシカン、日本食まで国際色豊かなフード屋台が揃い、マンハッタンを見渡せる公園で美食を楽しめる。

East River State Park | 90 Kent Ave.Brooklyn, NY
www.smorgasburg.com

BROOKLYN BOWL

ボウリング×ライブのヒップな競演

 

レトロなネオンで彩られたボウリング場では不定期で人気バンドによる生演奏も堪能できる。
ヒップな人々が夜な夜な集まり、賑わっている。

61 Wythe Ave, Brooklyn, NY
www.brooklynbowl.com

BROOKLYN BREWERY

珠玉の一杯が楽しめる醸造所

 

ブルックリン発のクラフトビールとして有名なブルックリン・ブリューワリー。新ビールも続々発売され、現在は「ベル・エア・サワー」が人気だ。観光客はもちろん、地元の人でも賑わっている。

「ブルックリン・ブリューワリー」のスーベニアショップでは気の利いたお土産が購入できると人気。旅の記念に購入したい。

79 N 11th St, Brooklyn, NY
http://brooklynbrewery.com/verify