カリフォルニアの漁業で栄えた港町、モロベイ

異様な岩がランドマーク。漁業で栄えた港町は、散策にも程よいこじんまりした街並みが、訪れる人々の心を和ませる。

カリフォルニア州サンルイオビスポ郡。セントラルコーストと呼ばれるこのエリアには、いくつかの観光都市が集まっている。サンルイスオビスポ郡には田園地帯が多く、古いカリフォルニアの名残を留める長閑な地域だ。その中、人口1万人ほどの小さな港町、モロベイは漁村の風情ある観光地。湾の端から突き出た部分に位置するモロロック(Morro Rock)という大きな岩山で有名だ。モロベイに向かう途中、眼前にこの異様な岩山が飛び込んでくると、立ち寄って確かめたくなるほどの印象的な自然の産物。高さ200メートルほどの火山マグマが固まってできた岩で、20世紀中盤までは採石も行われていたが、現在では史跡に指定され、先住民の特別な儀式など以外では登ることが禁じられている。

湾にはセイウチやアザラシのような海洋動物や青サギ、ペリカンなど野鳥もたくさん。カヤックのレンタルなどのアクティビティで、美しい海とともに動物たちを眺めるのも楽しい。浜にのんびり寝ころんでいるアザラシや、海の上に浮かぶラッコの姿を間近に見ることができる。

モロベイから海岸沿いを車で30分ほど北上するとサンシメオンという町に入る。ここの丘の上にはカリフォルニア観光でも必見のスポットがある。「ハーストキャッスル」だ。カリフォルニアにはいくつもの大邸宅がある。ハリウッド映画スターやハイテク企業の実力者たちが、大豪邸を建て、プール、ヨガスタジオなどを次々と増築している。しかし、どんな大邸宅でも、この“城”に勝るものはないだろう。新聞王、ウィリアム・ランドルフ・ハーストが個人宅として贅の限りを尽くし1947年に完成させた建築は、カリフォルニア初の女性建築家、ジュ
リア・モーガンによる設計。51ヘクタールの広大な敷地に造られ、テラス付きガーデン、噴水、プール、テニスコートなどを備え、何よりも丘の上から、太陽の光が降り注ぐ広大なセントラルコーストの眺めを堪能できる。


モロベイの海辺にはレストランがいくつも並んでいて、新鮮なシーフードが味わえる。モロロックを眺めながらの食事もまたこの地ならでは。街にはアットホームな雰囲気が漂う。サーフショップやお洒落なインテリアショップなど、海辺の街らしい洗練さも。規模は小さいが、気さくであたたかみのある場所だ。

Hearst Castle
西海岸を見下ろす新聞王の豪邸
サンシメオンの丘にそびえ建つお城は、文字通り豪華絢爛。100を超える部屋と3つのゲストハウス、ホールなどを備え、詳細を見学するには1日では回りきれない。
750 Hearst Castle Rd,San Simeon, CA 93452
☎ +1-800-444-4445
hearstcastle.org

この辺りの海岸付近の多くは高台で、岸からは木造の桟橋が海に向かって伸びている。散歩や釣りをする人が浜辺を行き交う。