ホエール・ウォッチング クジラの親子との遭遇は、 ハワイの冬の風物詩

古代のペトログリフにも登場するクジラは「コホラ」と呼ばれ、ハワイを語るうえでは欠かせない存在。
海へ目を向けると、雄大な姿が見られるかもしれない。

避寒目的でハワイへ訪れるのはヒトだけではなく、海洋生物もしかり。夏はアラスカ湾で生活していたザトウクジラたちが、冬になると出産や子育てのために水温の高いハワイ諸島周辺へ5000キロ以上を泳いでくる。ハワイ近海で生を受けたザトウクジラにとって、ハワイは故郷そのもの。先住民たちは里帰りするザトウクジラたちを「アウマクア(守護神/先祖の魂)」と信じており、ハワイでは
最大級の敬意が払われている。

オアフでザトウクジラを観察できるのは12月から5月までの間。島の南東部、ダイヤモンドヘッド山頂やマカプウ岬など見晴らしの良い場所でその雄姿を見ることができるが、季節限定で催行されるホエール・ウォッチング・クルーズに参加しない手はない。接近範囲に制限はあるものの、船上から見るザトウクジラは圧巻。大きなジャンプをしたり、尾ビレを持ち上げて水面を叩いたり、アクロバティックな動きを間近で見せてくれるだろう。

迫力あるアクションがザトウクジラ最大の見せ所。
大きな個体では15メートルほどにまで成長し、とても迫力がある。

ATLANTIS CRUISES


広々とした展望デッキが自慢のマジェスティック号だが、大きな窓を配した客室からのビューも素晴らしい。


アトランティス・クルーズ社の最新型クルーズ船、マジェスティック号でのホエール・ウォッチングは12月よりスタート。

☎ +1-808-973-9800 www.atlantisadventures.jp