オアフの街中で、ウクレレの老舗ブランドファクトリーツアー

オアフの街中で、ウクレレの老舗ブランドファクトリーツアー

ハワイを代表する弦楽器ワイを代表する弦楽器といえばウクレレ。創業23周年の老舗ブランド「コアロハ・ウクレレ」が、創業当時から工房を開いていたホノルルのカリヒ地区からカカアコ地区へと移転オープンした。カリヒ時代から人気だった無料の工場見学ツアーも健在。営業日の午後1時より約20分1日1回開催され、ウクレレが出来上がるまでの工程を見学できる。ショップスペースでは、コアロハの歴代ウクレレを展示したウォールのほか、工場直売のウクレレ、Tシャツやキャップ、マスコットなどのロゴアイテムなどを販売。

また、今回新たに加わったのが、自分でウクレレをセミカスタムできる“スペシャルファクトリーツアー”。白木のウクレレキットに、ホヌ(ウミガメ)やハイビスカスなど、好きなモチーフのロゼッタ(サウンドホールの飾り)をカラーリングして貼付け、自分だけのオリジナルウクレレを製作できる。開発が進むカカアコエリアのなかでも、ホノルルの主要スポットにも近く、ワイキキからも交通の便がよい場所。カカアコ散策の目的がまたひとつ増えたようだ。

広々とした店内でゆっくりとウクレレを選ぶことができる。ヘッドの王冠のよ
うな形と丸い逆三角のサウンドホールが特徴。

KoALOHA Ukulele
アラモアナセンターから至近、コナストリートのイオラニビルディングへ。
エントランスはカフェスペースとしても活用され、ハワイアンミュージックのライブなども行なわれる予定だ。
www.koaloha.com/