シアトルのおしゃれスポットで 休日のマーケットを楽しむ

シアトル中心部から少し足を延ばしたところにあるバラード。もともとは北欧からの移民が多く、サーモン湾に面した地の利を活かした海運や漁業、林業などで発展したエリアだ。
バラードという地名は、かつてここで多くの土地を所有していたバラード氏に由来している。100年以上前に建てられた建物が今でも店舗などとして使われ、落ち着いた雰囲気が魅力。夜には、多くのレストランやパブ、バーに集まる人たちでにぎわう。

毎週日曜日に目抜き通りで開かれるファーマーズマーケットは規模が大きく、ぶらぶらと歩いているだけでも楽しい。
新鮮な産地直送の野菜や果物、魚介類をはじめ、オーガニックな食材などがところ狭しと並び、目移りするほどの充実度だ。フードスタンドも多いので、フィンガーフードをほお張りながらのそぞろ歩きに、時間が経つのを忘れてしまう。マーケットのほかにも個性あふれるショップが軒を連ねるこのエリア。シアトル発のアウトドアブランドKAVUもバラードに店舗を構える。シアトルならではのショッピング、食事を楽しみに、ぜひ訪れてみては。

photo_Shinichiro Oroku

ローカルでオーガニックなお土産を探すには絶好の場所。
マーケット開催時には、通りに並ぶショップだけでなく、街中がおおいに盛り上がる

Ballard

シアトル・ダウンタウンからバスで20分程度のバラードエリア。
ファーマーズマーケットのオープン時間やイベント情報は地元協会の公式サイトで確認を。
sfmamarkets.com