LANDS’ ENDー着ても、動いても超快適 シワにならず、お手入れも楽 ジェットセッターに絶好だ

シカゴで1963年に生まれ、今やアメリカ有数のファッション通販ブランドへと成長した「ランズエンド」。日本での知名度も高く、多くの顧客をすでに持っているが、昨秋に好評を博した「360エクストリーム」シリーズに続いて、今春発表したのが、「360エクスストリーム・ジェットセット・ジャケット」だ。

着ても、動いても超快適 シワにならず、お手入れも楽 ジェットセッターに絶好だ

 

素材はポリエステル96%×ポリウレタン4%。色はこのネイビー以外にグレーもある。同じ素材でセットアップになるパンツも用意されている。(3月末発売予定)¥19,900(税別)
ジャケットの内ポケットに入るパッカブル仕様。移動時にスーツケースのハンドルに掛けられるベルト付きだ。

一見、普通のジャケットに見えるが、このジャケットは「ランズエンド」の最新技術とこだわりが詰まっている。モデル名にあるように、素材にはニットのように360度、全方位に伸びて動けるポリエステル混紡の織物を採用した。

立っても、座っても、歩いても楽で、“体が驚く”ほどのストレッチ性を備えている。
またこの素材はシワになりにくく、トランクから取り出し、ホテルなどで掛けておけば、そのまま着用できる。内ポケットに押し込んで収納も可能だから、持ち運びも簡単で楽だ。

加えて不快な汗を素早く逃す速乾性を備え、なんと家庭洗濯機で洗うことさえできる。まるで現在のスポーツウェアと同じような革新的なジャケットと言える。このジャケットを着て走ってみたくなる人もいるかもしれない。
まさに出張や旅などに最適な機能がこのジャケットには満載されているのだ。

さらには本格的なテーラード仕上げだから、ビジネスシーンで確かな品格を醸し出す。実はデルタ航空で働く客室乗務員、整備人、荷物係など、6万人のユニフォームは、現在、ランズエンドで製作されている。このユニフォームにも今回紹介したジャケットのデザインやこだわりが生かされて
いることは間違いないだろう。空港や機内など、間近でぜひその佇まいをチェックしていただきたい。

日本ランズエンド ☎0120-554-774
landsend.co.jp

Profile
小暮昌弘(こぐれ まさひろ)
1957年生まれ。法政大学卒業後、(株)婦人画報社に入社。
2005年から07年まで『MEN’S CLUB』編集長。
現在は、『Pen』『Men’s Precious』『サライ』等のファッション誌を中心に活躍。