3月から、機内食が春のメニューになりました

3月1日から、機内食が2019年春メニューに一新されました。お食事とともに、ワインのラインナップも春らしいセレクションとなっています。また、この春から、機内やラウンジでお楽しみいただける紅茶のブランドが新しくなります。

デルタ・ワンの春メニューとワインセレクション

日本発米国行き路線の「デルタ・ワン」では、ミシュラン二つ星の和食店「一汁二菜うえの」の上野法男シェフが監修した和食メニューのメインディッシュ「さわらの西京味噌漬け」、洋食メニューでは、ビーフテンダーロインのグリル、鶏胸肉の香草パン粉焼き、グリーンランド産のオヒョウのフライパン焼き、リガトーニパスタのアルフレッドソース和えの4種のメインディッシュからお選びいただけます。

食後に提供される3種チーズとフルーツの盛り合わせには、日本産のチーズが初めて加わりました。北海道十勝地方の更別村にある、さらべつチーズ工房で生産されるセミハードタイプのゴーダチーズ「酪佳」と、北海道江別市の小林牧場の「手作りブルーチーズ」が、フランス産の「クール・ド・リオン カマンベール」とともにお楽しみいただけます。

デルタ航空のマスターソムリエ、アンドレア・ロビンソンがセレクトした春のワインラインナップは、南アフリカ共和国の「クレイン・ザルゼ シュナンブラン」(Kleine Zalze Chenin Blanc)やワシントンの「シャトー・サン・ミッシェル インディアン・ウェールズ カベルネソーヴィニヨン」(Chateau Sainte Michelle Indian Wells Cabernet Sauvignon) など、世界各国から、春メニューのお食事に合うものが選ばれています。


機内食の事前予約プログラムでは、eメールアドレスをマイレージプログラム「スカイマイル」のアカウントもしくはフライト予約の際にご登録いただくことで、ご出発の3日前にデルタ航空から第一希望のお食事を確認するeメールが届きます。

新しい紅茶ブランドを採用

デルタ・ワンでは、5月から新たにPure LEAF®(ピュア・リーフ)のイングリッシュ・ブレークファスト、ジャスミンティーフレイバーのグリーンティー、ペパーミントハーバルティー、アールグレーをお楽しみいただけます。また空港ラウンジ「デルタ・スカイクラブ」では、機内で提供する4種類のほかに、カモミール、チャイティー、オレンジブロッサムフレイバーのジンジャーティー、ベリーフレイバーのブラックティーをお選びいただけます。