海外でも日本同様、四季の美しさを感じられる貴重なオアシス。
約12エーカー(48000㎡)もある敷地に、8つのコンセプトをもつ庭園が整えられている。


海外でも人気の日本庭園。北米でも公共のもので300以上あると言われている。環境先進都市、ポートラン
ドにあるそれは、海外にある日本庭園の中でも最も美しいとの評価もある本格的なもの。「ポートランド日本庭園」は1967年、市内を見下ろすワシントンパーク内に開園。訪れる人々に都会のオアシスとして安らぎを提供してきた。

2017年には、建築家・隈研吾がリニューアルを担当、拡幅オープンし、その地位を揺るぎないものにした。ギャラリーや図書館などからなるカルチュラルビレッジが設置され、日本文化やアートを魅力的に紹介している。カフェや茶室も備え、日本人が観てもその価値がわかる貴重な場所だ。ガラス張りのカフェでは抹茶もいただくことができ、さながら借景の自然が、軸の見立てのような素敵な空間だ。ガイドツアーも行われていて、枯山水の意味など、解説には子供でも興味をもてる工夫がなされている。新緑あふれるこの時期、サマータイム期間中は午後7時までの開園。海外で味わう本格的な日本文化もまたいいものだ。

Portland Japanese Garden

開園時間など、詳しくは公式サイトで確認を。
japanesegarden.org