ロサンゼルス国際空港(LAX)から北に向かえば、ベニスビーチやサンタモニカ、ビハリーヒルズなど、おなじみの観光地はすぐそこ。一方で、東へ、南へ目を向けてみると、ひと味違った魅力的な街やビーチがごまんと点在しているのが南カリフォルニアの魅力だ。第一回はLAXから車で約1時間、オレンジカウンティを紹介する。

 

 ©️Courtesy of Visit Huntington Beach

南カリフォルニア海岸部に広がるオレンジカウンティは、洗練された美しいビーチタウンを数多く抱える「群」。中でも有名なのがハンテンティントンビーチだ。ロサンゼルスから南へ約55km、世界最大規模のサーフィンの大会USオープンを開催することなどから、「Surf City USA」とも呼ばれ、サーファーの聖地として知られている。国際サーフィン博物館(International Surfing Museum)や、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームのサーファー版、サーフィン・ウォーク・オブ・フェイム(Surfing Walk of Fame)など、サーフカルチャーのメッカであることを示すモニュメントも多い。東京オリンピック期待の星、五十嵐カノア選手のホームタウンでもあることから、今後ますます注目を浴びるであろう。

 

 ©️Visit Dana Point

ハンティントンビーチから海沿いをさらに南下した先にあるデイナポイントは、周辺海域の生態系が豊かなことで知られ、イルカやアシカ、ホエールウォッチングの名所となっている。毎年3月には「デイナポイント・フェスティバル・オブ・ホエール(Dana Point Festival of Whales」を開催し、世界中から10万人を超える観光客が訪れる。またこのエリアにはザ・リッツ・カールトン・ラグナニゲル(The Ritz-Carlton Laguna Niguel)や、モナーク・ビーチ・リゾート(Monarch Beach Resort)などの高級リゾートが立ち並び、オーシャンビューでのランチやスパ、ゴルフなど、ラグジュアリーなリゾート体験ができるのも魅力のひとつだ。

 

          ©️Disney

オレンジカウンティといえば外せないのがアナハイムのディズニーランド。特に2019年5月31日にオープンしたばかりの最新エリア、スターウォーズ・ギャラクシーズ・エッジ(Star Wars Galaxy’s Edge)は早々に事前予約分(6月23日まで、以降は予約不要)も完売するなど、現地での期待度もヒートアップしている。中でも一番人気なのは、メインアトラクションであるミレニアム・ファルコン。実物大かつ細部まで精彩に再現され、映画を見たことがある者であれば誰しも足を踏み入れた瞬間に感動すること間違いなし。アトラクションはこのミレニアム・ファルコン号を実際にコックピットに入って操縦し、6人一組となってミッション遂行を目指す。ゲーム性が高く毎回ミッションを振り返ってのレビューがあり、何度乗っても飽きることがない。

 

今、アナハイムでもっとも有名な日本人といえば、間違いなくロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平だろう。2018年に入団し新人王を獲得、「ベーブルースの再来」と称される才能を、ぜひとも生で見ておきたいところ。本拠地エンゼル・スタジアムのチケットは公式サイトから購入可能で、細かい座席の指定もできる。よほどの人気カードでなければ当日券も販売される。ホームのエンゼルスは、スタジアムの3塁側に陣取るため、そちらで前列のシートを取れば間近で大谷翔平を見られる可能性が高い。

 

エンターテインメントに溢れるオレンジカウンティ。滞在をどこにするか迷うところだが、ハンティントンビーチとデイナポイント、アナハイムはそれぞれ車で30〜40分程度なので、アナハイムでディズニーホテルに滞在するもよし、デイナポイントでリゾートホテルに滞在するもよいだろう。願いがすべて叶う、といってもいいオレンジカウンティの旅。次にLAXへ旅する際は、そちらにも足を運んでみて欲しい。

 

取材日:2019年6月

Text by Keiichi Izawa

取材協力:Courtesy of Visit Huntington Beach、

Visit Dana Point、Visit California、Visit Anaheim