デルタ航空では、11月から国際線メインキャビンで業界初となる機内サービスをスタートします。

ご搭乗後、まずはウェルカムドリンクとして、カクテル「ベリーニ」をお楽しみいただきます。その後、温かいおしぼりでリフレッシュしていただき、お食事は、前菜とメインディッシュのそれぞれお好きなものを選んで組み合わせいただけるビストロスタイルでの提供となります。

お気に入りのレストランで食事をする時のように、お客様に喜んでいただけるようデザインされた新たなメインキャビンのサービスは、1年間にわたり成田ーポートランド線で700便以上のフライトで試験的に運用されてきました。このトライアルによって顧客満足度を向上し高い評価を得て完成したサービスが、11月から国際線のメインキャビン*に正式に導入されるというわけです。

このサービス拡張に加え、特別なトレーニングを受けたパーサーが、フライト前の搭乗ゲートで自己紹介をさせていただき、飛行機のドア口でお客様ひとりひとりにご挨拶させていただくことになりました。

デルタ航空は、決め細やかなサービスやお客様との触れ合いによって、思い出に残る瞬間や楽しい旅のお手伝いが出来ると考えています。

11月以降にデルタ航空のメインキャビンに搭乗されるご予定がある皆様、どうぞご期待ください。

*フライト時間が6.5時間以上の国際線と、フライト時間が6.5時間以下でもデルタ・ワンとデルタ・プレミアムセレクトが提供されている一部の短距離国際線

サービスの詳細はPDFをご覧ください。

デルタ航空国際線メインキャビンの新しい機内サービス