2020年春から、羽田空港とアメリカ7都市を結ぶ路線を運航

シアトル、デトロイト、アトランタ、ホノルル、ポートランド(オレゴン州)、ロサンゼルス、ミネアポリス

 

8月9日(米国時間)、米国運輸省が、羽田空港の発着枠に関する最終決定を発表しました。デルタ航空は、羽田空港とシアトル、デトロイト、アトランタ、ホノルル、オレゴン州ポートランドを結ぶ5路線の承認を得ました。これに伴い、デルタ航空は2020年3月から、米国-東京間の全てのフライトを成田空港から羽田空港に移行します。
羽田からの運航便は、既存のミネアポリス、ロサンゼルス線に加えて全部で7路線となり、羽田空港で最大の運航規模を持つ米国航空会社になります。都心に近い羽田空港から、デルタ航空のハブ空港や主要マーケットへの移動だけでなく、アメリカ大陸290都市への乗り継ぎがさらに便利になります。