03  ATTRACTIONS

船内であることを忘れさせる充実のアトラクション
ここは、老若男女の心を満たす大海原の歓楽街

DECK5~6の船首部分に設けられた広いシアター。客席は見晴らしのよい階段状だ。
専属のエンターテイメント集団、ザ・マリナー・プロダクションが素晴らしいショーをくり広げる。


大海原を望みながらのスポーツ、疲れを癒すスパ、家族で卓を囲むカードゲーム、本格的なシアターで開催されるショー、そして、船内で開催されるアクティビティ。セブンシーズマリナーの船内アトラクションを一言で表すと、「老いも若きも愉しめる娯楽が朝から夜まで目白押し」だ。

世船内からの風光明媚な眺望、寄港地での観光やエクスカーションに並ぶクルージングの醍醐味が、船内でのアクティビティだ。セブンシーズマリナーも、ほかのラグジャリーシップの類に漏れず、ちょっとした歓楽m街といっても過言ではないほどの充実振りである。

なかでも圧巻なのは、コンステレーションシアターで毎夜開催されるミュージカルやリサイタル、マジック
などの多彩なショーだ。セブンシーズマリナーを運航するリージェント セブンシーズ クルーズは、ショービジネスの本場であるアメリカのクルーズ会社。それだけに、本格的なエンタテインメントを楽しむことができる。

ウェルネスなアクティビティが多いのも、この船の特徴だ。朝は最上階で、大海原の絶景を眺めながらのジョギング。フィットネスではヨガなどの教室も開催されている。疲れたら、スパでのマッサージで癒してもらおう。

日替わりで実施されるアクティビティも満喫したい。ラウンジでのバンド演奏やカジノでのトーナメント、レストランのバックヤード見学、ケーキティータイムなど、ゲスト同士の交流も楽しめる。なかでも良かったのは、世界各国のワインテイスティングだ。ソムリエが特徴などを説明してくれるのだが、気に入ったワインがあれば、ディナー時にオーダーすることもできる。もちろん、ワインの金額はオールインクルーシブだ。

◀1周2分ほどのデッキトラック。ジョギングだけでなくウォーキングをしている人も多い。360°のオーシャンビューは圧巻。

 

 

 


 

1.DECK12には、パットゴルフ場や打ちっぱなし用ゴルフネット、バドルテニスやボッチャ(イタリアのボーリング)のコートなどがある。写真は、アメリカで盛んなシャッフルボードというスポーツのコート。

2. ソムリエが銘柄を説明してくれるワインテイスティングのアクティビティ。この日は、フランス、イタリアを始めとして、スペインやカリフォルニア、南アフリカ、アルゼンチンといった世界各国のワインが準備されていた。もちろん、ラグジュアリーシップのゲストが満足する逸品ばかりだ。

3. スパはアメリカで3店舗を展開するラグジュアリーウェルネス ライフスタイル ブランド『キャニオンランチ』。人気メニューは、ボディトリートメントの「オーシャンスクラブ」とマッサージの「キャニオンストーンマッサージ」とのこと。