Nordic Heritage Museum
スカンジナビア半島から多くの移民が移り住んだシアトルのバラードエリア。
ノルディック
文化遺産博物館で、その歴史を学ぶことができる。


多彩な魅力をもつワシントン州のメガシティ、シアトル。
そのひとつに、
ミュージアムが充実する、アートシティとしての顔がある。
ダウンタウ
ンを散策していて、ハンマーを打ちおろす黒い人型の巨大モニュメント、
ハンマリングマンを見た方も
いるかもしれない。
ここが、米北西
部屈指の規模を誇るシアトル美術館だ

キャピトル・ヒルからダウンタウンに移る前に同美術館だった建物は、
アジア美術館として使われていたが、2月にリニューアル
オープン。
1933年に完成した建物
やランドスケープがリノベーションされている。
また、ワシントン大学
構内のバーク自然史博物館、バラードエリアのノルディック文化遺産博物館が相次で改築オープン。ミュージアム系のトピックスが続いている。

 シアトル市がアートに関する政策を牽引しているのも特筆だ。
中の信号機などの機械用ボックスに描かれているアートは、地元で費用を調達し、
アーティストのプラ
ンが承認されたもの。
社会として
アートが身近になるシステムができている。
充実したアート巡りを目
的としたシアトル滞在もぜひおすすめしたい。


モダンなスカンジナビアンデザインに生まれ変わったミュージアムでは、
カフェも併設。ゆったりとした時を過ごしてほしい。
nordicmuseum.org