The Neon Museum
“墓場”からミュージアムへ移行するにあたり、独特な形状で一世を風靡したモーテルLa Conchaのメインロビーを移築。
ラスベガスの歴史を目の当たりにできる。


世界屈指のエンターテイメントシティ、ラスベガスといえば、そこかしこで煌びやかに輝くネオン。
というのは、
じつはちょっと昔の話になりつつあり、ネオン管のサインは、
いまではほとんどがLEDに置き換えられて
いるほか、ネオンではできなかった大型スクリーンの設置により、さらにエンターテイメントの街らしい景色を形作っている。
もちろん、進化
する街もよいが、古き良きラスベガスの雰囲気を味わってみたいという方には、
ネオン・ミュージアム、別名
“ネオンの墓場”はいかがだろう。

ラスベガス・ダウンタウンのさらに北、ミュージアムに着くなり、有名ホテルのそれから一字ずつとったミュージアムのネオンサインに、懐かしさを覚える方もいるかもしれない。
もともと、本当にネオンの
廃棄場として使われていた場所を、ミュージアムとしてオープンしたところ、近年のSNSブームもあり、ひそかな人気を集めるように。
ツアーでの見学となってい
て、様々な年代のビンテージサインが並んでいる姿に、往年のラスベガスにいるかのような、インスタ映えもバッチリだ。


オープン日程、料金などは公式サイトで。
www.neonmuseum.org