草間彌生が作品でも幾度となく使用してきたピンク色の花に囲まれてのポートレート(2020年)。

日本を代表する現代アーティストとしてあまりにも有名な草間彌生の大規模な展示会「COSMIC NATURE」が5月9日からニューヨーク・ブロンクス市にあるニューヨーク・ボタニカル・ガーデンで開催される( チケットの事前予約は2月2 6日よりスタートしている。nybg. org / kusama)。
今回の展示
会は同植物園の約1 , 0 0 0ヘクタールという広大な敷地全体を使って行われるもので、屋外にも大規模な彫刻を設置するほか、今回の展示会のために制作される16フィートの彫刻「Dancing Pumpkin」や
「Infinity 
Mirrored Room Illusion In-side the Heart」などの新作もお披露目される予定だ。


あまりにも有名なかぼちゃを無数に飾ったインフィニティミラールーム(2017年)。本展示会ではインフィニティミラールームの新作も公開予定。

また、単独の植物園全体を使っての展示会は初となり、同植物園内にあるイーニッド・A・ハウプトの温室を使ってのインスタレーション「Flower Obsession」も初というスペシャルな展示会になりそうだ。

同展は5月9日〜11月1日まで開催され、春、夏、秋と植物園内の変わりゆく季節を感じながら楽しむことができる。
また、今回の展示会内では
彼女の初期の作品も展示されるため、自然にインスピレーションを受けた草間彌生の過去から現在への作品の変遷も堪能することができそうだ。


アクリル・キャンバスに描かれた「Summer Flower」(1988年)。幼少期から草花のスケッチをしていたそう。カラフルな色使いが象徴的。

また、5月12日〜2 0日の期間中はマンハッタンやブルックリン、クイーンズの街中を使ったアートイベント「NYCX DESIGN」が開催される。展示会やインスタレーションはもちろん、ホテルなどの建物全体をアート作品としたものなど、イベント期間中は街を歩いているだけでもアートに遭遇できそうだ。


「NYC X DESIGN」の期間中は400以上のイベントが開催される予定だ。
ブルックリンのウィリアムズバーグに
あるホテル「ウィリアム ヴェール」の屋上などでもインスタレーションが行われる。

ライトアップされたPier17。


ニューヨーク・ボタニカル・ガーデン
www.nybg.org
NYC X DESIGN
www.nycxdesign.com