Stillwater
古いレンガの街並みは、まるで絵画のよう。ランドマークの可動橋、リフトブリッジがかかる川から観光船で眺めるのもおすすめだ。


アメリカ中西部、ミネソタ州に位置するミネアポリスは、ミシシッピ川を挟んで向き合う州都セントポールと合わせてツインシティと呼ばれる州最大の都市。“全米で住みたい街”や“全米で住みやすい街”といわれる人気の街だ。そのミネアポリスから20 分ほど車を走らせると、今度は “全米で最もかわいい街(フォーブス誌)”が現れる。1849年に 準州として誕生したミネソタ発 祥の地、スティルウォーターだ。

ミネソタ州と東隣のウィスコンシン州との州境を流れるセントクロイ川沿いにあり、このエリアでも最も古くにヨーロッパ人が移住してきたといわれている。当時は木材業が盛んで、路面電車や電気が早い段階で導入されるなど、大都市として繁栄。州の中心、発祥地ともなった街並みは、いまでは100年前の面影を残すアンティークタウンとして、観光客の人気を集めている。また、自然豊かなミネソタならでは、秋には紅葉の名所、冬には幻想的な雪に覆われた光景やスキーなどのウインタースポーツと、季節ごとのレジャーを愉しめる。アメリカらしい雰囲気のなかでホリデーシーズンを過ごせる、とっておきの場所だ。


スティルウォーターへの玄関口、ミネアポリスへは、羽田空港からデルタ航空の直行便で約11時間。