ノルウェージャンクルーズライン
全長約335メートル、総トン数は約17万トン、乗客数4,000名という威容を誇るノルウェージャン アンコール。ノルウェージャンが保有する“ブレイクアウェイプラスクラス”のクルーズ船の最新鋭船だ。


52年の歴史を通して、常にクルーズ業界に革新をもたらしてきたのが、ノルウェージャンクルーズラインだ。フォーマル着用といったドレスコードは無し、好きなときに食事ができ、そして様々なエンターテイメントが楽しめる……ゲストが理想とするクルーズバケーションを自由にデザインできるクルーズツアーを提供したことは、当時大きな話題となった。

ノルウェージャン アンコールの建設を担当したのは、パーペンブルク(ドイツ)のマイヤー・ヴェルフト造船所。クルーズ業界でトップクラスの船舶を建設する、世界有数の技術者集団だ。

300近い、世界の人気のディスティネーションを隈なく巡るツアーを企画するノルウェージャンクルーズラインが保有するクルーズ船のラインアップの中で、最新の「ノルウェージャン アンコール」が2019年秋に就航した。同船は11月24日のマイアミ発7日間の東カリブ海クルーズを皮切りに、2020年よりバミューダクルーズ、西カリブ海クルーズなどに使われることになる。

誰もが憧れるであろう、豪華客船で世界を巡る旅を体験したい方は、迷うことなくノルウェージャンクルーズラインのウェブサイトにアクセスすることをお勧めする。


ノルウェージャンクルーズライン
www.ncl.com/jp/ja/